2009年06月07日

強請るな,勝ち取れ,さすれば与えられん

サンマルクカフェ蕨東口駅前店

エリア
埼玉県 > 川口
ジャンル
カフェ・スウィーツ
住所
埼玉県蕨市塚越1丁目5番11号
説明
クチコミ

もっと読む
サンマルクカフェ蕨東口駅前店

Web検定 Webデザイナー

分野名 正解率
Webリテラシー 75%
Webサイトの企画・設計 80%
素材・ビジュアルデザイン 92%
Webページ制作・アクセシビリティ 83%
RIA・プログラミング・セキュリティ 78%

Web検定 Webデザイナー試験(WK2-002)に合格できたので,しばらくはWebデザインとは違う資格試験にチャレンジしていきたいと思います。

posted by Web検定 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本書に登場する人物|Webサイトの企画・設計

Louis Rosenfeld
図書館情報学の視点で大規模サイトとイントラネットの情報整理のために書いた,共著『情報アーキテクチャ入門
Peter Morville
インフォメーションアーキテクト。著書『アンビエント・ファインダビリティ』
Richard Saul Wurman
著書『Information Architects(1996)』
Donald A. Norman
認知心理学者。ヒューマンインタフェイス研究の開拓者。著書『誰のためのデザイン?』「ユーザーエクスペリエンス」の提唱者
Jakob Nielsen
ユーザビリティ工学の開拓者として著名な博士。自身のWebサイトでコラム「alterbox」寄稿中。著書『ユーザビリティエンジニアリング言論』
Alan Cooper
Cooper社の会長職。インタラクティブデザインの専門家。Visual Basicの原作者。著書『コンピュータは,むずかしすぎて使えない!』
George Olsen
実践的スタイルのペルソナ開発の第一人者。WASP(Web Standards Project)設立メンバー
Jared M. Spool
Webサイトやソフトウェアなどのユーザビリティに関するコンサルティング業務を中心展開しているUIE社を設立。著書『Web Site Usability:A Designer's Guide』
松岡正剛
著書多数松岡正剛 で検索。
Thomas Vander Wul
インフォメーションアーキテクト。ユーザー参加型による分類システムを表現するために用いた造語「フォークソノミー」の提唱者。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
ラベル:Web検定
posted by Web検定 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

集客施策|Web検定 Webリテラシー試験 第1回

「検索クエリ」についての正しい説明は?
検索サイトなどでユーザーが任意のWebサイトを探す際に入力するキーワードや文字列のこと。
SEO(検索エンジン最適化)と検索連動型広告について正しく説明したものは?
両者は,広告表示条件やその管理のために広告主側に与えられている権限などの点で異なるものとして考え運用することが求められている。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
ラベル:Web検定
posted by Web検定 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制作(デザイン・実装)|Web検定 Webリテラシー試験 第1回

閲覧者にとってロード(読み込み)時間を気にするコンテンツのひとつがFlashである。Flashのファイルサイズを軽くするために使われるひな型のことを何というか。
シンボル
画像素材に関する適切な説明は?
  • ピクセルが集まってできた点描のイメージのことをビットマップデータ形式という。
  • WebセーフカラーとはWebページを作成するときに指定できる色のうち、256色環境でも再現される色とその16進表示です。(参考URL
  • モニターの入力信号の強さと照度のズレを表す指標のことを,ガンマ値という。
  • ベクター形式とは,数学的に図を描画する画像形式のことである。
HTML設計の「フィールド化からはじめるアプローチ」でのデメリットとして考えられるものは?
正しくマークアップするということがおろそかになるおそれがある。
Webページ制作の最終段階で必要不可欠なバリデーションを実施するために利用するオンラインツールとしてあてはまるものは?
通常,Webページ制作に関するルールセットに含まれるものは?
  • アクセシビリティに関するルールをまとめたもの
  • マークアップやスタイル設定に関するルールをまとめたもの
  • エラーチェックに関するルールをまとめたもの
次の文章について,完成させなさい。
マウスボタンを押して離す操作のことをクリックという。JavaScriptなどではonClickという(押して離す)動作で操作する,onMouseDownという(押す)動作で操作する,onMouseUpという(離す)動作で操作するという使い分けができる。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
ラベル:Web検定
posted by Web検定 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webサイトの企画・設計|Web検定 Webリテラシー試験 第1回

サイト設計書に含まれる内容として一般的なものは?
  • ターゲットユーザー
  • 簡単なサイトマップ
  • コンテンツの企画
サイト設計書に関する説明として適切なものは?
  • サイト設計書とは,Webサイトを設計する際,基準となる指標をまとめたものである。
  • サイト設計書はプロジェクトに参加する全員が目を通す必要がある。
  • サイト構造は,ディレクトリの構造とWebサイトの意味的な構造の2つがあるので,設計書を作成する際には注意が必要である。
  • サイト設計書は,Webサイトの企画側と制作側の理解をすり合わせるために使われる。
制作仕様書に関する説明として適切なもの?
  • 制作仕様書のファイルには日付と連番を用いたバージョン管理がよく行われる。
  • コーポレートアイデンティティ規定には,その会社のロゴなどのレイアウト,フォント,カラーリングなどが細かく決められている。
  • 制作仕様書のファイルの作成には,誰もが但し書きなどを追加できるような形式が望ましい。
  • 制作仕様書作成の目的のひとつとして,コミュニケーションの円滑化がある。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
ラベル:Web検定
posted by Web検定 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

プロジェクトマネジメント|Web検定 Webリテラシー試験 第1回

Web制作の予算は,「スコープ定義」「資源(リソース)計画」「コスト積算」などを行い設定されることが重要である。「スコープ定義」のプロセスとしてあてはまるものは?
  1. 実務に携わるメンバーの人件費や作業に必要なハードウェアやソフトウェアの費用を算出する。
  2. 契約の締結や,安全係数を組み込み,実施に際して予算を上回ることがないよう管理する。
  3. 前例比較算定方式などの見積もり手法を用いて制作単価を算出する。
  4. 制作における作業項目を洗い出し,作業範囲を明確にする。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
ラベル:Webリテラシー
posted by Web検定 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|Web検定 Webリテラシー試験 第1回

インターネットビジネスは,ネット単体で完結する事業と,リアル事業を支援する事業の2つのケースがある。リアル事業を支援するパターンのひとつとして,データベースをもとに販売,サポート,問わ合わせ,クレームなど,個別に顧客とのやり取りを管理し,長期的な関係を築く手法とは?
  1. CS(Customer Satisfaction)
  2. CMS(Content Management System)
  3. CRM(Customer Relationship Mangement)
  4. CGM(Customer Generated Media)
携帯電話の特性を生かした機能,サービスとしてあてはまるものとは?
  1. 簡単ログイン設定
  2. 赤外線設定
  3. QRコード
  4. SNS
消費者発信型のメディアの浸透により,口コミの信頼性や影響力が注目を浴びるようになった。この口コミを生かしたマーケティング手法を何というか。
  1. キーワードマーケティング
  2. バズマーケティング
  3. UGC
  4. CGM
次の文章について空欄に入る言葉として最も適切なものは?「制作・開発プロジェクトのスムーズな意思決定には,業務上何らかのトラブルが発生することを考慮し,適切な「(ア)体制」を設定することが重要である。
  1. オリエンテーション
  2. フィードバック
  3. エスカレーション
  4. グループウェア
Webサイト内のリンクをクリックしてリンク先のページへ移動した比率のことを一般的に何というか?
  1. PV
  2. コンバージョン数
  3. CTR
  4. UU
インターネットを利用した商品販売について,ユーザーが申込を行う前に,申込内容を確認・修正できる画面を設定することを義務付けている法律は?
  1. 景品表示法
  2. 電子契約法
  3. 電子署名法
  4. 特定商取引法
実演家,レコード制作者,放送事業者,有線放送事業者に与えられる,著作物の実演等の利用を許諾・禁止する権利とは?
  1. 著作人格権
  2. 著作財産権
  3. 著作隣接権
  4. 商標権
次の文章について,空欄に入る言葉として最も適切なのは?
「インターネット広告市場規模は2005年で2800億円強,全広告市場の5%に達している。既に2004年時点でラジオを抜き去り,雑誌の市場をも脅かす存在となっている。(参考:「2005年()平成17年日本の広告費」電通調べ)
Webサイトや広告企画などの立ち上げ時には,戦略を計画するのが一般的だが,立案の際の検討要件とそれぞれの落とし穴の組み合わせとして正しいものは?
  1. マーチャンダイジングと売上最適化
    ユーザーのインターネットでの選定基準と商品の強みが一致していない。
  2. BPR
    運用設計がWebサイト運営側の組織体制やリテラシーに合っていない。
  3. マーケティング
    ユーザーが商品を選定する際の基準が明確に設定されないまま企画が進む。
Webサイト・サービスい沿って設計し,効果を検証することが有用である。「階段モデル」の説明として正しいものは?
  1. 顧客のロイアリティ度合いを測定し,それを高めていこうとするモデルである。
  2. 飲料や食品,日用消耗品などの購入頻度が高い商品に適しているといえる。
  3. 顧客を会員化する,インセンティブを与えるといったサービスを用いてリピーター度合いを測定し,それを高めていこうとするモデルである。
  4. 購入や登録などの成約プロセスのどの段階まで達したかを,数値で測定し把握することが重要である。
ECビジネスに関する次の文章について,空欄に入る言葉の組み合わせとして正しいものは?
「競争が激化するなかで顧客から選ばれるためには,差別化や販売促進が重要となってくる。インターネット限定商品や会員限定価格など品ぞろえ(MD)での差別化,ポイントや即日発送サービスなどサービス・付加価値での差別化などの手法がある。」
プロジェクトを実施していくなかで,リスクに対すマネジメントの重要性が増している。リスクマネジメントのステップについて順序を正しく示した組み合わせは?
  1. リスク識別
  2. リスク評価
  3. リスク対応
Web検定−対策の処方箋つづきは…
ラベル:Webリテラシー
posted by Web検定 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webの基礎知識|Web検定 Webリテラシー試験 第1回

IPアドレスやドメイン名,ポート番号などの管理,割り当てなどを行っている団体とは?
  1. ISO
  2. IETF
  3. W3C
  4. ICANN
インターネットの通信方式である「パケット通信」方式の説明としてあてはまるものとは?
  1. データを「パケット」という単位に分割して,順次伝送する方式である。
  2. 高品質画像などの大きなデータであっても,回線を占有しないという利点がある。
  3. 単一のサーバーを経由するため,一部の回線に問題が発生すると伝送が滞ってしまう。
  4. 障害により一部のパケットが届かなかった場合,もう一度データを送るように要求する仕組みになっている。
RSSの機能や特徴の説明としてあてはまるものとは?
  1. そのサイトにアクセスせずに要約情報を一覧表示・管理するフォーマットのこと。
  2. テキストだけでなく音声や画像といった情報も配信することができる。
  3. 独自フォーマットであるため,他のRSSと組み合わせたり,サイトに組み込むといった加工が難しい。
  4. スパムなどの不要な情報を取得してしまうため,求めた情報にたどり着きにくくなっている。
さまざまな目的に合わせたCMSの登場により,Webサイトやコンテンツの制作・管理は利便性が高く,またより身近なものになりつつある。CMSの特徴を示したのが以下の表である。
 特徴編集権限
一般的なCMSカスタマイズ性が高い特定のユーザーのみ可
Blogトラックバックやコメント機能が充実特定のユーザーのみ可
Wiki共同でのコンテンツ制作に適する誰でも可
Web検定−対策の処方箋つづきは…
ラベル:Webリテラシー
posted by Web検定 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

WWWと標準化の流れ|WWWの仕組み

WWWの仕組み.png
W3C World Wide Web Consortium勧告が策定されるプロセス
  • 草案(Working Draft)
  • 最終草案(Last Call Working Draft)
  • 勧告候補(Candidate Recommendations)
  • 勧告案(Proposed Recommendations)
  • 勧告(Recommendations)
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セキュリティホールを突いた攻撃|セキュリティホールと防衛手法

セキュリティホールと防衛手法.png
XSS(クロスサイトスクリプティング)
  • この攻撃により,場合によってはCookieデータが盗聴され,Cookieを認証やセッション管理に使っているWebサイトの場合,深刻な損害を与える可能性である。
  • 対策としては,訪問者からの入力内容でWebブラウザに影響を与える部分を無効化するサニタイジングや,入力値を制限する入力チェックなどの方法がある。
CSRF(クロスサイト・リクエスト・フォージェリ)
  • この攻撃により,ユーザーがWebブラウザでアクセスしただけでスクリプトが実行されるため,自動的に特定の掲示板やアンケートに書き込みをさせられたり,オンラインショッピングで買い物をさせられたりしてしまう。
  • 対策としては,Webサイト側でセッションをきめ細かく管理する,重要度の高い処理をするためには改めてパスワード要求するなどの方法がある。
セッションハイジャック
  • この攻撃により,ユーザーになりすました不正ログインが行われ,個人情報が盗まれたり,なりすまされてオンラインショッピングで買い物をされる,などの危険性が生じる。
  • 対策としては,セッション管理情報を推測が困難なものにする,HTTPS通信で利用するCookieにはsecure属性を加える,セッションの有効期限を短くするなどの方法がある。
OSコマンドインジェクション
  • この攻撃により,攻撃者がOSコマンドを含む不正なリクエストを送信することで,OSコマンドインジェクション脆弱性のあるWebアプリケーションで,Webサーバー側が意図しないOSコマンドが実行され,重要情報が盗まれたり,第三者への攻撃の踏み台に悪用されてしまう。
  • 対策としては,シェルを起動できる言語機能の利用を避け利用する場合はその引数を構成するすべての変数に対してチェックを行い,予め許可された処理のみが実行されるようにするなどの方法がある。
SQLインジェクション
  • この攻撃により,データベースに蓄積された膨大な情報が,漏えい,改ざん,破壊されてしまう可能性があり,大規模な被害が生じる可能性がある。
  • 対策としては,入力値の検証する,データベースのエラーメッセージをそのまま画面上に表示しない,データベースに接続できるアカウント権限を必要最低限にする,不要なデフォルト機能を削除するなどの方法がある。
ファイル漏えい
  • 対策としては,各サーバーの運用ポリシーを厳格にし,サーバー内部にアクセスできる人間を制限することである。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SQL|データベースとその種類

データベースとその種類.png
データ動作言語(Data Manipulation Language)
レコードを操作するためのSQL命令が含まれる。挿入にはINSERT INTO文,更新にはUPDATE文,削除にはDELETE文,検索にはSELECT文を使用する。
データ制御言語(Data Control Language)
トランザクション処理を定義するSQL命令が含まれる。トランザクションを開始するBEGIN文や,中断を行うROLLBACK文,確定を行うCOMMIT文などである。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言語の機能|Webアプリケーション構築言語の種類と特徴

Webアプリケーション構築言語の種類と特徴.png
オブジェクト指向
オブジェクト指向(Object Oriented)とは,実際のものをオブジェクトとして捉え,プログラムを構築していくプログラム手法のことである。オブジェクト指向で開発をするメリットの一つは,プログラムがオブジェクトという部品の集合で構成されるため,共同開発やソースコードの再利用がし易いことである。
セッション
一定の期間において,単一クライアントからサーバーに対して行われる接続のことをセッションと呼び,主にCookieという技術が使われる。CookieはWebブラウザに備わっている機能の一つで,サーバーからのレスポンスにCookie情報を含めると,Webブラウザがそのデータを記憶し,次のリクエストに含めてくれる,という仕組みである。
UML
UML(Unified Model Language)は,プログラムの設計を図で表したもの。オブジェクト指向プログラムが普及するにつれ,システムを図解するためのツールが必要とされてきた。以前は記法が統一されておらず,UMLという共通の仕様が定義されたことで,BtoB等共通の設計図をもとに議論することができるようになった。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DOMレベルとその特徴

DOMの基礎.png
DOMレベル 特徴
Level1
  1. DOM Level1 Specification
  1. XMLを扱う「Core」とHTMLに関する「HTML」からなる。
Level2
  1. DOM Level2 Core Specification
  2. DOM Level2 HTML Specification
  3. DOM Level2 Views Specification
  4. DOM Level2 Style Specification
  5. DOM Level2 Events Specification
  6.  
  7. DOM Level2 Travel and Range Specification
  1. XMLを扱う「Core」の拡張。
  2. HTMLを扱う「HTML」の拡張。
  3. ビューに関する拡張。
  4. スタイルシートに関する拡張。
  5. イベント(ユーザーインターフェイスイベント,マウスイベント,DOMツリーの変化に伴うイベント,HTML4.01のイベント)に関する拡張。
  6. DOMツリーの横断と,DOMツリーの操作範囲に関する拡張。
Level3
  1. DOM Level3 Core Specification
  2. DOM Level3 Load and Save Specification
  3. DOM Level3 Validation Specification
  1. XML 1.0を扱う基本的メソッドと,名前空間に関する拡張。
  2. DOMツリーの読み書き。
  3. DOMツリーに含まれるスキーマ定義の編集。
その他,策定の仕様など
  1. DOM Level3 Xpath Specification
  2. DOM Level3 Views and Formating
  3. DOM Level3 Events
  4. DOM Level3 Abstract Schmas
  1. Xpath1.0を使ったDOM Treeへのアクセス。
  2.  
  3. イベント(キーボードイベントなど)に関する拡張。
  4.  
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Web3Dのビジネスチャンス|Web3Dインタラクティブ3D

Web3Dインタラクティブ3D.png
商品を触って遊んで買えるECサイト
現物がなくても開発中や発売前の商品でも宣伝・販売ができる。携帯電話や自動車,家電製品などの販売が適している。
中身が見えて動きのあるカタログ説明書
建築関連で,壁の中の鉄骨や断熱材,耐震の仕組みなどの説明には有効と思われる。
キャラクターによるWebサイトの解説
大規模サイトの場合,ガイド役のキャラクターが案内してくれるようにすれば,ユーザビリティの向上が期待できる。
言語不要の機器の組み立て/販売マニュアル
グローバル化が進む現在では,海外での企業の製造販売,サポートは必須。言葉を使わないで説明できるWeb3Dはその様な状況に適している。
科学,数学,スポーツの教材や学会のツール
理解する人の速度に合わせて,自由にコンテンツを研究できる。
BTO(ビルド・トゥ・オーダー)での製品開発/購入
Web3Dでは数百,数万という組み合わせを表示することが可能となる。
製造業でのBtoB
手に入らない部品など,Web3Dでは形状などを細かく見ることができ,有効な手段となる。
ゲームなどエンターテインメント
MMOGなどの仮想世界。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

3DCGとWeb3D制作の流れ|Web3Dインタラクティブ3D

Web3Dインタラクティブ3D.png
モデリング
現物や粘土を「3Dスキャナー」という機器で正確に3D化する場合もある。
マテリアル設定
立体に材質感を与える作業のこと。
テクスチャ-マッピング
材質を表現する表面の模様を設定する。通常の3DCGでは,この後にライト設定という作業がある。Web3Dではテクスチャーで行う。「ライトマップ」のこと。
カメラ設定
できあがった立体を撮影するカメラを置く。カメラレンズの設定が重要であり,遠近感や巨大感が設定できる。広角レンズにすると強く表現され,望遠レンズにすると弱くなるなど,作品の良し悪しを左右する。
アニメーション設定
色やライト,材質感もアニメーション可能である。一部のツールでは物体を変形させる「モーフィング」も表現でる。
エフェクト設定
雪や雨あるいは炎を表現する「パーティクル」やまぶしい光を表現する「レンズフレア」などがある。
レンダリング設定
「ソフトウェアレンダリング」と「ハードウェアレンダリング」の2つは区別できないほど高画質になっている。
コンバート
3DCG形式のファイルをWebブラウザで表示させるためのファイル形式に変換する作業のこと。データ量の圧縮や著作権保護の暗号化などの処理も合わせて行う。
オーサリング
主にJavaScriptを利用するため,各Webブラウザの動作確認が必要となる。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

XMLへのアクセス|Flashとサーバーの連携

Flashとサーバーの連携.png
XMLファイルのname属性にアクセスしたい
ActionScriptの記述の一例
XML.firstChild.childNodes[0].attributes["name"]

FlashでXMLの各ノードや内容属性の中身,属性にアクセスするには,XMLクラスを使う必要があり,XMLクラスには外部からのファイルの読み込み用のメソッドのほか,XMLをパースする機能や,ノードを配列として取得するメソッドなどが用意されている。ActionScript3.0においてE4Xというアクセス方法がある。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JIS X 8341-3 第6章|アクセシビリティの運用

アクセシビリティの運用.png
6.1企画・制作に関する要件
Webコンテンツの情報アクセシビリティが容易に維持できるよう企画・制作しなければならない。
6.2保守及び運用に関する要件
Webコンテンツを保守及び運用するときには,情報アクセシビリティの品質を確保し,向上させなければならない。
6.3検証に関する要件
Webコンテンツの企画・制作を行う者は,Webコンテンツがこの規格の要件を満たしていることを検証しなければならない。
6.4フィードバックに関する要件
Webコンテンツの企画・制作を行う者は,利用者の意見を収集する窓口を用意し,利用者からの意見をWebコンテンツの情報アクセシビリティの確保・向上に活かさなければならない。
6.5サポートに関する要件
利用者とコミュニケーションが取れるよう,問い合わせ先をWebコンテンツ上の分かりやすい位置に明示しなくてはならない。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクセシビリティ・ガイドラインの主要な15項目|アクセシビリティの実装

アクセシビリティの実装.png
チェック内容 JISの該当項目 SEOとの共通点
1 (X)HTMLをW3Cの仕様に準拠してコーディングしているか 5.1 a)
2 見出しを<h1><h2;>要素で適切にマークアップしているか 5.2 a)
3 データテーブルの見出しセルとデータセルを関連付けているか 5.2 c)  
4 レイアウトテーブルは意図した通りの順序で読み上げられるか 5.2 d)  
5 サイト内で固有となるページタイトルを記述しているか 5.2 e)
6 キーボードだけでも同じように操作できるか 5.3 a)  
7 フォームのコントロールをラベルと関連付けているか 5.3 b)  
8 リンクのラベルだけでリンク先が分かるようになっているか 5.3 g)
9 画像には代替テキストを使用しているか 5.4 a)
10 リンク画像にはリンク先の分かる代替テキストを記述しているか 5.4 b)
11 色だけで情報を表現していないか 5.5 a)  
12 背景色と前景色のコントラストを十分確保しているか 5.5 c),5.6 c)  
13 ユーザーがテキストの文字サイズを変更できるようにしているか 5.8 a)  
14 画面の一部であっても早い周期で点滅されていないか 5.8 b)  
15 一つの単語内にスペースや改行を入れていないか 5.9 e)
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JIS X 8341-3の適用範囲|アクセシビリティ関連規格およびガイドライン

アクセシビリティ関連規格およびガイドライン.png
−高齢者・障害者および一時的に障害のある人
−“ウェブコンテンツ”とは,利用者がウェブブラウザを用いて利用する情報・サービスを指す
  • インターネット
  • イントラネット
  • ウェブ技術を用いた電子文書・電子マニュアル
  • ウェブブラウザを用いて操作する機器
−国および自治体,公共団体のウェブは必須
−企業には自主的な取り組みが望まれる

JIS X 8341-3における“ウェブコンテンツ”は,インターネット上で公開されているWebサイトのコンテンツだけに限らず,Webブラウザで閲覧・操作できるコンテンツ全てを指す。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JIS X 8341-3の構成|アクセシビリティ関連規格およびガイドライン

アクセシビリティ関連規格およびガイドライン.png
序文
  1. 適用範囲
  2. 引用範囲
  3. 定義
  4. 一般的原則
  5. 開発及び制作に関する個別要件
  6. 情報アクセシビリティの確保・向上に関する全般的要件
附属書1(参考)ウェブコンテンツに関する例示
附属書2(参考)関連規格
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

想定すべき様々なユーザーの利用特性|アクセシビリティの基礎知識

アクセシビリティの基礎.png
高齢者 画面が見えづらい,音声が聞こえづらい,マウスやキーボードが操作しづらい,操作を忘れたり混乱しやすい
全盲 画面を見ることができない(音声読み上げで利用),キーボードだけで操作している
弱視 画面が見えづらい,画面がぼやける,画面がまぶしい(または暗い),視野が狭い
色覚障害 色の違いを区別しづらい
聴覚障害 音声が聞こえない/聞こえづらい
肢体不自由 マウスやキーボードを操作できない/操作しづらい
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リスト・表(テーブル)のプロパティ|マークアップの種類

セレクタ・プロパティの種類.png
プロパティ 機能 レベル
CSS1 CSS2
list-style-image リストマーカーの画像
list-style-position リストマーカーの位置
list-style-type リストマーカーの種類
list-style リスト関連プロパティの一括指定
caption-side 表のキャプションの位置
table-layout 表の表示方法(レイアウトアルゴリズム)
border-collapse 表のボーダーの表示モデル
border-spacing 表のボーダー間のスペース
empty-cells 表の空セルの表示方法
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文字色・背景色のプロパティ|セレクタ・プロパティの種類

セレクタ・プロパティの種類.png
プロパティ 機能 レベル
CSS1 CSS2
color 文字色(前景色)
background-color 背景色
background-image 背景画像
background-repeat 背景画像の繰り返し
background-position 背景画像の初期位置
background-attachment 背景画像の移動・固定
background 背景プロパティの一括指定
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォント・テキストの代表的なプロパティ

セレクタ・プロパティの種類.png
プロパティ 機能 レベル
CSS1 CSS2
font-family フォントの種類
font-style フォントのスタイル
font-weight フォントの太さ
font-size フォントの大きさ
font フォント関連のプロパティの一括指定
text-indent テキストの行頭のインデント幅
text-align テキストの行揃え
text-decoration テキストを装飾する
text-transform テキストの大文字と小文字の変換
letter-spacing テキストの文字間隔
word-spacing テキストの単語間隔
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーザーインターフェイスのプロパティ|セレクタ・プロパティの種類

セレクタ・プロパティの種類.png
プロパティ 機能 レベル
CSS1 CSS2
cursor カーソルの種類 -
outline-color アウトラインの色 -
outline-style アウトラインの形状 -
outline-width アウトラインの太さ -
outline アウトライン関連プロパティの一括指定 -
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

視覚整形モデル・視覚効果の代表的なプロパティ|セレクタ・プロパティの種類

セレクタ・プロパティの種類.png
プロパティ 機能 レベル
CSS1 CSS2
display 表示方法
position 配置方法 -
top 上からの位置指定 -
right 右からの位置指定 -
bottom 下からの位置指定 -
left 左からの位置指定 -
z-index 重なり順序 -
float フロートの方向
clear フロートの解除
line-height インラインボックスの高さ
vertical-align インラインボックスやセルの垂直位置
visibility 可視・不可視 -
overflow 切り抜き方法 -
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

擬似要素の種類|セレクタ・プロパティの種類

セレクタ・プロパティの種類.png
プロパティ 機能 レベル
CSS1 CSS2
:first-line 要素の1行目のみにスタイルを適用
:first-letter 要素の1文字目のみにスタイルを適用
:before 要素内容の前に何らかの内容を生成 -
:after 要素内容の後に何らかの内容を生成 -
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

擬似クラスの種類|セレクタ・プロパティの種類

セレクタ・プロパティの種類.png
プロパティ 機能 レベル
CSS1 CSS2
:link 未訪問リンクに適用
:visited 既訪問リンクに適用
:hover 要素がカーソルなどのポインティングデバイスで指示されていない状態で適用 -
:active 要素がアクティブな状態で適用
:focus 要素がフォーカスを受けている状態で適用 -
:lang 要素のなかでも特定の言語コードが指定されている要素にスタイルを適用 -
:first-child 親要素の範囲内で最初に登場する子要素のみにスタイルを適用 -
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セレクタの種類|セレクタ・プロパティの種類

セレクタ・プロパティの種類.png
セレクタの種類
プロパティ 機能 レベル
CSS1 CSS2
ユニバーサルセレクタ(*) すべての要素にスタイルを適用 -
タイプセレクタ(要素名) その要素にスタイルを適用
子孫セレクタ(E F) 親要素(E)に含まれる子孫要素(F)にスタイルを適用
子セレクタ(E>F) 親要素(E)の直接の子要素(F)にスタイルを適用 -
隣接セレクタ(E+F) 兄要素(E)の直後の弟要素(F)にスタイルを適用 -
classセレクタ(.クラス名) 文書内で複数の要素にスタイルを適用
idセレクタ(#ID名) 文書内で唯一の要素にスタイルを適用
属性セレクタ
(要素名[属性名])
要素の中でもその属性をもつ要素に対してスタイルを適用 -
属性セレクタ
(要素名[属性名=“属性値”])
要素の中でもその属性と属性値をもつ要素に対してスタイルを適用 -
属性セレクタ
(要素名[属性名〜=“属性値”])
要素の中でもその属性をもち,属性値が空白文字区切りで複数指定されている場合に,その属性値が含まれている要素に対してスタイルを適用 -
属性セレクタ
(要素名[属性名=“属性値”])
要素の中でもその属性をもち,属性値がハイフン(-)区切りで複数指定されている要素に対してスタイルを適用 -
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタイルの優先順位「特殊性」の計算式と例|CSSの役割と書式

CSSの役割と書式.png
(*)ユニバーサルセレクタ
0点
要素タイプセレクタ
1点
class/属性セレクタ
10点
idセレクタ
100点
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インライン要素の種類|マークアップの種類

マークアップの種類.png
インライン要素の種類
a要素 アンカー(リンク先)
img要素 画像
object要素 オブジェクト
br要素 改行
em要素 強調
strong要素 より強い強調
q要素 引用文(インライン)
abbr要素 省略語
acronym要素 頭字語
sup要素 上付き文字
sub要素 下付き文字
dfn要素 定義語
cite要素 引用元・参照元
code要素 コンピュータコード
kbd要素 キーボード入力テキスト
samp要素 サンプルプログラム
var要素 変数
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォームに関する要素|マークアップの種類

マークアップの種類.png
フォームに関する要素
form要素 フォーム
fieldset要素 フォームコントロールグループ
legend要素 fieldset要素のタイトル
input要素 一般的なフォームコントロール
select要素 セレクトメニュー
outgroup要素 セレクトメニューの選択肢グループ
option要素 セレクトメニューの選択肢
textarea要素 複数行テキストエリア
button要素 汎用ボタン
label要素 ラベルテキスト
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表(テーブル)に関する要素|マークアップの種類

マークアップの種類.png
表(テーブル)に関する要素
table要素 表(テーブル)
caption要素 キャプション(タイトル)
colgroup要素 列グループ
col要素
thread要素 ヘッダ行
tfoot要素 フッタ行
tbody要素 本体行
tr要素
th要素
td要素 データセル
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リストに関する要素|マークアップの種類

マークアップの種類.png
リストに関する要素
ul要素 順不同リスト
ol要素 順序リスト
li要素 リスト項目
dl要素 定義リスト
dt要素 定義用語
dd要素 定義内容
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブロックレベル要素の代表例|マークアップの種類

マークアップの種類.png
ブロックレベル要素の代表例
hx要素 見出し(6レベル)
p要素 パラグラフ
blockquote要素 引用文
address要素 連絡先
ul要素 順不同リスト
ol要素 順序リスト
dl要素 定義リスト
table要素 表(テーブル)
form要素 フォーム
pre要素 整形済みテキスト
hr要素 水平線
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

link要素のrel属性での指定内容|マークアップの種類

マークアップの種類.png
link要素のrel属性での指定内容
alternate 代替ページ
stylesheet 外部スタイルシート
start 開始ページ
next 次のページ
prev 前のページ
contents 目次
index 索引
glossary 用語集
copyright 著作権情報
chapter
section
subsection
appendix 付録
help ヘルプ
bookmark ブックマーク

rel属性で指定する内容をリンクタイプ(link types)という。仕様上は表のものが定義されているが,別のリンクタイプを使用したい場合,定義ファイルをhead要素のprofile属性で参照することで利用できる。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

meta要素のname属性での指定内容|マークアップの種類

マークアップの種類.png
meta要素のname属性での指定内容
description 概要文
keywords キーワード
copyright 著作権情報
author 作成者
reply-to 連絡先(メールアドレス)
date 日付 日付(更新日)
robots 検索くローラーの指示

図の内容は一般的によく使われる内容であり,仕様上決められているわけではない。任意の内容を指定したい場合,定義ファイルをhead内容のprofile属性で参照することで指定する。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

head要素に含める内容|マークアップの種類

マークアップの種類.png
title要素(ページタイトル)
検索サービスでは結果一覧に表示されるため,具体的でわかりやすい内容にする。
meta要素(メタ情報)
「概要文」「キーワード」のどちらの属性もcontent属性を併用し,具体的な内容を値として含める。
link要素(文書間関係)
rel属性で関係,href属性でURL,type属性でMIMEタイプ,media属性でメディアタイプなどを指定する。
style要素(スタイルシート)
CSSのソースコードや外部ファイルをlink要素で指定するのが一般的であり,構造上望ましい。
script要素(スクリプト)
Javascriptなどのソースコードや外部ファイルを指定する。また,script要素はbody要素内でも指定できる。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(X)HTMLの全体像|(X)HTMLの役割と書式

(X)HTMLの役割と書式.png
文書型宣言
XHTMLでは,文書型宣言のさらに前でXML宣言を記述することが推奨されている。XML宣言を記述するとInternet Explorer6がレンダリングモードとして「過去互換モード」を採用してしまうため,実務的には記述しないのが一般的といってよい。
html要素
(X)HTMLは,html要素をルートとしたツリー構造になっているのがポイントである。
head要素
blockquote>構成するページの基本情報を書くスペースであり,Webブラウザでは基本的に表示・表現されない。
body要素
Webページの本文情報を書くスペースであり,Webブラウザで表示・表現される主なる部分である。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows Presentation Foundation|映像とモーショングラフィックス

映像とモーショングラフィックス.png
Windows Presentation Foundation
WPFと略される。.NETフレームワークの一部で,Windows Vista搭載のパソコンもしくは,WPF Everywhere搭載のパソコンで動作する。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CI・VIガイドライン|CIとVI

CIとVI.png
  1. コーポレートカラーと配色(CMYK,DIC,RGB値)
  2. ロゴの配色(CMYK,DIC,RGB値)
  3. ロゴのサイズや周りの余白,配置方法
  4. ロゴの幅と高さの比率
  5. ロゴと併記する文字要素のフォント(書体)や比率
  6. ロゴの誤使用例や禁止事項
  7. 白地と黒地で使用する際の注意事項
  8. その他の注意事項
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配色計画|色彩と配色計画

色彩と配色計画.png
  1. 隣接した色相から色を選ぶ
  2. 同一色相でトーン違いの色を選ぶ
  3. 等色相差の色を選ぶ
  4. 無彩色と有彩色の取り合わせを使う

同一色相でトーンの違いの色を選ぶ場合,制作ツールのモードはHSBモードなど,色の3属性を独立して調整できる状態が望ましい。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加法混色・減法混色|色彩と配色計画

色彩と配色計画.png
加法混色
テレビやパソコンのモニターなどが使用している,標準的な色空間のこと。
減法混色
写真画像を取り扱う際,標準的に用いられる色空間。sRGBに比べ表現可能な色域が広く,緑の発色でその違いが確認できる。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲシュタルト要因|ビジュアルデザイン

ビジュアルデザイン.png

単に線をつなぎあわせて作った図形でも,作り方によっては立体的に見えたり平面的に見えたりする理由は,人間の知覚のクセによる−知覚的体制化の要因。近接,類同,間合などによりまとまりとして認識する人間の知覚のクセをゲシュタルト要因という。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テキストの執筆・編集・校正プロセス|テキスト素材

執筆
  • コピーライティング
  • 文章ライティング
  • やや高度な作業
    • 取材
    • 翻訳
    • インタビュー
編集
  • 字数や段落の調整
  • デモページの作成
校正
  • 誤字・脱字のチェック
  • 用語・表記の整備
  • 内容の手直し
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイヤーフレームの要素|ワイヤーフレーム

ワイヤーフレーム.png
ワイヤーフレームにおける要素の確認事項
  1. コンテンツエリア
  2. コンテンツのディスクリプション
  3. コンテンツの優先順位
  4. ページIDなどの情報
  5. ユーザーシナリオ
  6. リンクやフォームなどの外部情報
  7. 目的や理由
  8. 注記や注釈
  9. 記号などの凡例
  10. 改訂履歴
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代表的なナビゲーションスキームと一般的なページ構成比率|ナビゲーション設計

ナビゲーション設計.png
グローバルナビゲーション
様々なユーザー調査などの結果から,ユーザーが一度に記憶でき,覚えることができる直前の平均項目数は7つ程度だという実験結果などからも裏付けられている。
ローカルナビゲーション
ユーザーの視界(視線)の始点が通常,画面左上上部に基点があるため,一般的にローカルナビゲーションは左側に縦位置にレイアウトすると,使いやすく,認識もしやすい。
補足ナビゲーション(サポーティブナビゲーション)
関連するカテゴリのナビゲーショを,ローカルナビゲーション同様,常に一定の位置にレイアウトされることが重要である。
コンテキストナビゲーション
コンテンツエリア内でコンテキスト(文脈)に合わせてページ固有のナビゲーションとして表示されるもの。
親切ナビゲーション
連絡先や著作権情報など,本文コンテンツのコンテキストとはまったく関係のないリンクであるため,一般的には本文よりも1段落小さい文字で表示する。
パンくずリスト
Webサイトの道標としてパンくずリストがあるとないとでは,潜在的なWebサイトの使い勝手がまったく違う。グローバルナビゲーション,サイトマップの次にユーザーが最も頼りにしているナビゲーションと考えてよい。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IT関連機器のインターフェイス|ユーザーインターフェイス設計

ユーザーインターフェイス設計.png

インターフェイスとは本来,ものごとの境界となる部分と,その境界で用いられるプロトコル(情報をやり取りするための規則)を指す。古くは工学の分野でMMIの研究が盛んだったが,その後のコンピュータ技術の普及により,近年ではHCIという専門分野で,人とコンピュータのかかわりをめぐる多彩な研究が行われている。

ハードウェアI/F
USBやfirewireなど複数のディジタル機器を接続するのに必要なI/F
ソフトウェアI/F
OSや各種コンポーネントなどプログラム同士がデータをやり取りするために必要なI/F
ユーザーI/F
ユーザーがマシンとの会話(情報の入力,出力結果の確認など)に必要なI/F
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代表的な構造化モデル(2)|全体構造の設計

全体構造の設計.png

ユーザー目的やWebサイトの性質に合わせてサイト構造を設計するため,必ずしも「正しいサイト構造」というものが存在するわけではない。

Webリンク型の構造化
インターネット特有のハイパーテキスト構造を利用した構造化モデル。ユーザーが自由に回遊できる反面,無秩序なWebサイトにも見えるため,ユーザー導線設計を入念に計画したほうが良い。
フォークソノミー型の構造化
フォークスソノミーとはフォークス(Folks,民衆)とタクソノミー(Taxonomy,分類法,分類学)を合わせた造語であり,インターネット上にある様々な情報から関連する情報の探しやすさを向上させるため,ユーザーに情報の分類化をゆだねたユーザー参加型の分類法である。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LATCH法|全体構造の設計

全体構造の設計.png
Location|位置による組織化
地理的,物理的な位置に従って整理する方法
Alphabet|アルファベットによる組織化
アルファベット,五十音など記号による順序を与えて整理する方法
Time|時間による組織化
番組表,年表,カレンダーなど物語性や時間軸によって整理する方法
Category|分野による組織化
ジャンル,カテゴリーなどによって整理する方法
Hierarhy|階層による組織化
大きさや値段,重要度(優先度)や頻度,話題性など情報の程度によって整理する方法

インフォメーションアーキテクトの父,Richard Saul Wurman氏は,情報の整理する組織化の方法は5つであると定義している。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペルソナとターゲットユーザーの違い|ユーザーシナリオとペルソナ

ユーザーシナリオとペルソナ.png

ペルソナは必ずしもターゲットとなるユーザー像である必要もない。プロジェクトに関係するメンバーが同じユーザー像を想定してWebサイトの開発に望む,というペルソナ本来の目的からすれば,典型的な対象外のユーザー像をペルソナとして設定しても良いわけである。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペルソナの内容|ユーザーシナリオとペルソナ

ユーザーシナリオとペルソナ.png

Webサイトの開発においてペルソナによる設計手法が注目されるようになったのは,1990年代後半に,VBの考案者としても知られるソフトウェアエンジニア,Alan Cooper氏が構築したデザイン手法が始まりであるといわれている。

ペルソナの内容
  • 名前
  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 家族構成
  • 年収
  • 趣味趣向
  • Webサイトを利用する目的
  • インターネット利用層やインターネット上での経験
  • コンピューターリテラシー
  • よく利用しているWebサイト

ペルソナは対象とするユーザーの「人となり」が想像しやすいように,小さなことでも可能な限り具体的に記述する。顔写真はアイコンではなく,実際の人物画像を用いるなどリアリティーを追求させる。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーザーエクスペリエンスのハニカム構造(7つの側面)|Webユーザビリティ

Webユーザビリティ.png

ユーザビリティという概念を超え,ユーザーエクスペリエンスを向上させるという命題を理解してもらうために,Peter Morville氏はユーザーエクスペリエンスの重要性を表現した新しい構造を考案した。

役に立つこと|Useful
製品やシステムが本当に役に立つものなのかを問い,より役に立つものを作るため深い知識を活用する。
使い易いこと|Usable
使いやすさは依然として重要な要素だがユーザー中心の設計手法や,Human-Computer Interactionの観点がWeb構築の全てではない。ユーザビリティは必要条件だが,十分条件ではない。
望ましいこと|Desirable
効率の追求だけでなく,Donald A.Norman氏が「エモーショナル・デザイン」で示したイメージ,アイデンティティ,ブランドなどの要素が持つ力と価値を認識し,バランスを保たねばならない。
探しやすいこと|Findable
ユーザーが必要なものを見つけられるように,回遊しやすいWebサイトや,どこにあるのか分かりやすいオブジェクトをデザインしなければならない。
アクセスしやすいこと|Accessible
建築物がそうであるように,Webサイトも障害を持つ人々がアクセスできるものにしなければならない。
信頼に値すること|Credible
ユーザーが信頼するか否かを左右するデザイン要素について理解しなければならない。
価値を生み出せること|Valuable
スポンサーに価値をもたらすものでなければならない。非営利団体にはユーザー経験がその団体の使命を推進するもの,営利団体には収益に貢献し,顧客満足を向上させるものでなければならない。

ハニカム構造は,ユーザビリティの問題だけでなく,様々な側面(性質)の向上も視野に入れ,プロジェクトでどの側面を向上させるのか優先順位を決める際にも役立つ。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーザビリティの定義〜ISO 9242-11 V.S. Jakob Nielsen〜|Webユーザビリティ

Webユーザビリティ.png

ユーザビリティは「学習しやすさ」「効率性」「記憶しやすさ」「低エラー発生率」「主観的満足度」の5つの特性からなる。

ISO 9241-11におけるユーザビリティの定義
  • 有効さ
    ユーザーが,指定された目標を達成する上での正確さと完全さ
  • 効率
    ユーザーが,目標を達成する際に正確さと完全さに費やした資源
  • 満足度
    不快さのないこと,及び製品使用に対しての肯定的な態度
  • 利用状況
    ユーザー,仕事,装置(ハードウェア,ソフトウェア及び資源),そして製品が使用される物理的および社会的な環境

Jakob Nielsenによるユーザビリティの定義
  • 学習しやすさ
    システムは,ユーザーがすぐに使い始められるよう,簡単に学習できるようにしなければならない。
  • 効率性
    一度学習すれば高い生産性を上げられるよう,効率的に使用できるものでなければならない。
  • 記憶しやすさ
    ユーザーがしばらく使わなくても,再度利用するときに覚え直す必要がないように覚えやすくしなければならない。
  • 低エラー発生率
    エラーの発生率を低くし,エラーが発生しても簡単に回復できるようにし,致命的なエラーは起こってはならない。
  • 主観的満足度
    ユーザーが個人的に満足できるよう,また好きになるよう,楽しく利用できなければならない。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報アーキテクチャの成果物|情報構造設計の重要性

情報構造設計の重要性.png

インフォメーションアーキテクトあるいは情報デザイン担当者は,ペルソナやユーザーテストの計画およびテストの分析レポート,競合調査,コンセプトモデルの提示,コンテンツマトリクス,フローチャートやワイヤーフレームなど,サイト構築のプロセスの中で様々な成果物を制作することになる。

  1. ペルソナとユーザーシナリオ
  2. ユーザーニーズ/ユーザビリティ調査の計画
  3. ユーザーニーズ/ユーザビリティ調査の分析レポート
  4. 競合分析調査
  5. コンセプトモデルとハイレベルサイトマップ
  6. コンテンツのマッピング(コンテンツマトリクス)
  7. 詳細サイトマップ
  8. ユーザーのフローチャート
  9. ワイヤーフレームとコンテンツ仕様書
  10. 詳細画面デザイン(スクリーンレイアウト)

これらの成果物は必ずしも必要ではなく,プロジェクトの規模と予算に合わせて制作する。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Information Architects(1996)|情報構造設計の重要性

情報構造設計の重要性.png

建築家でもあり自身もインフォメーションアーキテクトであるRichard Saul Wurman氏は執筆した「Information Architechts」(1996)の中でI.A.役割を以下のように定義している。

  1. 複雑なデータの固有のパターンをまとめ,内容を明確にする人
  2. 第三者が情報を得るための道筋を自分で見つけられるように,情報の構造を示す地図を作成する人
  3. 誰でも理解しやすいように情報を提供し,それらをまとめる人

I.A.は複雑なWebサイトの目的や情報を整理し,それらを理解して誰でもが理解できるようにシンプルに分かりやすく再設計する人のこと。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最良なソリューション|情報構造設計の重要性

情報構造設計の重要性.png

  • 最良なソリューション

    ユーザー中心の設計

    ビジネス目的

    テクノロジー

    最良のソリューションとは,予算・スケジュール・規模なども踏まえた上で最適なユーザーエクスペリエンスを得られるシステムの情報構造を設計することでもある。

Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | web検定認定 Webデザイナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Web検定 Webリテラシー受験してみた

Web検定 Webリテラシー検定の勉強用に立ち上げた備忘録ブログもとりあえず今日で終わり

試験に合格できたことは何よりうれしい

Webリテラシー試験結果

詳細は以下のとおり

分野正解率
Webの基礎知識88%
インターネットビジネス84%
プロジェクトマネジメント100%
Webサイトの企画・設計90%
制作(デザイン・実装)82%
集客施策100%

ちなみに,本試験は合格してから2年間のみ有効であり,さらに効力を継続させるには再受験が必要とのこと−。

以下に,Web検定 Webリテラシー受験の情報サイトを掲載しておく

Web検定−対策の処方箋つづきは…
ラベル:合格 Web検定
posted by Web検定 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

インターネットビジネス|クリエイティブ・コモンズ


クリエイティブ・コモンズとは
スタンフォード大学のローレンス・レッシグ教授を中心とした知的所有権問題,インターネット法などの専門家によるプロジェクトのこと。
  1. コンテンツのためのライセンス条項にあたる「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」
  2. 誰にでもわかりやすくライセンスを簡易表現した「コモンズ証」
  3. CCLの内容に基づきRDF構文で記載された「メタデータ」
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
改変禁止と継承は同時に採用できない
すべてを採用しないことはできない
いくつかの権利だけを著作者の下に残す
  1. 表示|Attribution
  2. 非営利|Noncommercial
  3. 改変禁止|No Derivative Works
  4. 継承|Share Alike
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|著作権


著作権の構成
  • 著作者人格権
  • 著作財産権
  • 著作隣接権
なぜここまで騒がれるのか
デジタル著作物とアナログ著作物の違いについて
  1. 複製及び改変の容易性
  2. インターネットを使用すれば,瞬時に大量のデジタルコンテンツを送受信することが可能
  3. オリジナルと複製物の特定が困難
キャラクターおよび素材の使い方
権利の保有者からの試用許諾を得る必要がある。
  • 商品化権
  • パブリシティ権
  • プライバシー権
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|情報セキュリティポリシー


情報セキュリティポリシーとは
組織内にある情報資産について,適切なセキュリティ対策を実施するために規約を文書化したものを指す
  • 基本方針
    (公開) 情報セキュリティに対する経営者の基本方針・宣言を記載
  • 対策基準
    (非公開) 基本方針を実践するための具体的な規則を記載(一般的にはガイドライン)
  • 実施手順
    (非公開) 対象者や用途によって必要な要素を集め,マニュアルという形で範囲や値等を明確にして記載
策定しても終わりではない
情報セキュリティポリシーを保有することが、セキュリティ対策していることにはつながらない。

キーワード

ISO27001
情報セキュリティマネジメントシステムが標準化されたISO/IEC27001として策定。
対象範囲は「情報資産」を漏洩・改ざん等のリスクから保護する設備や対策を整えて,管理するためのルールを定めて安全に事業を行う仕組み。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|インターネットビジネス/サイトに関連する法規


電子商取引に関連する法規
B2B,B2C,C2C
B2Cの電子商取引における契約では,ユーザーが申込を行う前に,ユーザーの申込内容を確認する措置を講じなけれならない。
特定商取引
通信販売に対する規制
  • 広告の表示
  • 誇大広告の禁止
  • 承諾などの通知
  • 意に反する契約の申込
その他関連する法規
古物営業法|インターネットオークション
薬事法|医薬品の取り扱い
旅行業法|旅行代理店
不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)|インターネットを介したWebサイト等の広告
個人情報保護法
2005年全面施行
生存個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(個人情報保護法第2条第1項)
プライバシー権から派生したものと対応して策定−プライバシー権と密接に関係し,上位概念としてある。
誰が個人情報保護法を遵守するのか
最低限おさえておくべき事項
  1. 個人情報保護法15条,18条|利用目的の特定,通知
  2. 個人情報保護法17条|偽りその他不正の手段による個人情報の取得の禁止
  3. 個人情報保護法16条|本人の同意を得ないで,目的の範囲を超えた取扱の禁止
  4. 個人情報保護法第23条|原則,本人の同意なくして個人データを第三者に提供してはならい
  5. 個人情報保護法第25条,26条,27条|本人からの開示,訂正,利用停止などの請求があった場合の対応必要性
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|リスクマネジメント


リスクマネジメントとは
企業におけるリスク
  1. 事業機会に関連するリスク
  2. 事業活動の遂行に関連するリスク
    経済産業省におけるリスク管理・内部統制に関する研究会報告書(平成15年6月)より
リスクマネジメントのステップ
  1. リスク識別
  2. リスク評価
  3. リスク対応
PMBOKにおけるリスク管理の考え方
リスクを想定した上で,定性・定量的に分析を行い,その対策を実行していく考え方。
リスク影響度や発生頻度から優先順位を決める。
この過程の整理をWBS等を用いて,プロジェクト遂行上の問題点の残件管理を行うことが可能になる。
PMBOKにおけるリスク管理の6つのプロセス
  1. (計画)リスク管理計画
  2. (計画)リスクの特定
  3. (計画)リスク定性分析
  4. (計画)リスク定量分析
  5. (計画)リスク対応計画
  6. (管理)リスクの監視と管理

キーワード

WBS
計画を立てる際に用いられる手法のひとつ。
プロジェクト全体を細かい作業に分割した構成で階層構造化したものを図式化したもの。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|ECビジネス[2]


ECサイトを成功に導く勘所
顧客の目的はあくまでもショッピングである。

インターネットショッピングでの購入トリガー

  • テーマ性
  • 物語(うんちく)性
  • 希少価値
  • コレクション性
  • 口コミ性
  • 生活変化
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|ECビジネス[1]


インターネットのEC市場は急成長
ECサイトの差別性を確保する方向
  1. 品揃え
  2. 売り場訴求テーマで差別化
  3. サービス・付加価値で差別化
  4. 見せ方で差別化

ECサイトの構造

  1. 集客
  2. 売り場
  3. 品揃え
  4. 顧客化
  5. フルフィルメント|物流,受注,決済,デリバリー,フォロー
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|コーポレートコミュニケーション


社会や生活者との友好な関係づくり
Webサイトを活用したコーポレートコミュニケーションの主要な要素
  • プレスリリース
  • IR
  • リクルーティング
  • ブランディング&PR
ステークホルダーはその企業を知るために必ずWebサイトへやってくる。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|サイト・サービスの効果検証と指標[2]


KPI測定で顧客を読む
Webサイト内外でのユーザー行動の状況を把握する主要な値
  • PV
  • Visit
  • UU
Webサイトへの集客・誘導効果は,誘導チャネル(メール,検索エンジン,ポータルサイト等)で自社サイトへのリンク表示数(Impression)と,それをクリックして自社サイトへ飛ぶ比率(CTR)で測定可能。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|サイト・サービスの効果検証と指標[1]


二つの付加価値モデル
階段モデルは,顧客がコンバージョンに至るプロセスのどこまで達しているかを数値で測定し,それを高めていこうとするモデルである。
ピラミッドモデルは顧客が自社ブランドに対して持つロイヤリティを高めてゆくモデルのため,顧客を会員化したり,発言の場を与えたり,インセンティブを付与してリピーター度合を測定するしくみが必要である。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|ビジネスプラニングの手法[2]−BPR


業務プロセスと体制の設計が成功のキー
最適な運用プロセスを企画・設計するポイント
  • 業務の手戻りを無くす
  • 重複作業をなくす
  • コミュニケーションロスをなくす
  • スタッフのモチベーションを維持する
専門性やカルチャーを持ったスタッフ
  • 戦略企画
  • サイトガバナンス
  • プロモーション
  • コンテンツ企画
  • プロデューサー
  • ディレクター
  • デザイナー
  • コーディングエンジニア
  • SE
  • プログラマー
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|ビジネスプラニングの手法[1]


商品とユーザー特性に配慮したゴール設定
自社の狙うユーザーが,どのような心理変化や行動プロセスを経て購買・発注に至るかを書き出してみることが必要。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|企業経営とインターネット適合性


顧客と経営のダイレクト接点
インターネットを活用できる企業に生まれ変わるということ−新たに獲得した店舗型の拠点を生かすしくみを持つことと同じ意味。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|Webビジネスとモバイルビジネス


Webサイトは窓口機能,モバイルサイトはツール
Webサイトは企業の多様な経営昨日について対顧客窓口になる場合が多い−ブランディング,EC,マーケティング,プロモーション,IR,CSRなど
Webサイト−やらねばならない
モバイルサイト−戦略的に仕掛けるべき
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|インターネットのメディア特性とビジネスのKSF[2]


インターネットが引き起こした消費行動の変革
価格.comなどの商品比較サイトの台頭で,自社製品は常に他社との天秤にかけられていることを考慮する必要がある。
AISCEASプロセスのどこで,自社の強みを顧客にアピールするか?それを考えるのがマーケティング担当者の仕事である。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|インターネットのメディア特性とビジネスのKSF[1]


ネットユーザーは情報探索者
インターネットが他のメディアと異なる点
  1. 能動性
  2. 検索性
  3. リピート性
  4. 双方向性

キーワード

KSF
事業やプロジェクトで鍵となる成功因子のこと。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|インターネットをビジネスに生かすとは?


インターネットのビジネスケース
展開の方法
  1. 自社Webサイトでの独自展開
  2. 他社のWebサイトの1コンテンツとしての展開や広告出稿
  3. ASPサービス等を利用しての展開
問題となるのは,ネットに対する意識格差が引き起こす施策や意思決定のブレ
ネットユーザーは目的志向・比較志向が強く,素早く目的の情報に行き着きたがっている
社内の足元へのネット的考え方の浸透がリアル事業支援型のWebサイトを成功させる第一歩
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットビジネス|インターネットの市場価値と影響力


急速にメディア力をつけたインターネット
2005年度におけるインターネット広告市場規模は2,800億円強−全広告市場の5%に達する
2004年度におけるB2CのEC市場規模は5兆6,000億円強−全体の2.1%を占める
生活時間のシェアの奪い合い−ゲーム機,雑誌,TV
Web検定−対策の処方箋つづきは…
ラベル:Web検定
posted by Web検定 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webサイトの企画・設計|情報構造設計


情報アーキテクチャとは?
1999年にLouis RosenfildとPeter Morvilleが図書館情報学の視点から大規模サイトとイントラネットの情報整理のために書いた「情報アーキテクチャ入門」が出版されたのを機に一気にこの考え方が広まった。
インフォメーションアーキテクトの役割
  1. 複雑なデータの固有のパターンをまとめ,内容を明確にする人
  2. 第三者が情報を得るための道筋を自分で見つけられるように,情報の構造を示す地図を作成する人
  3. 誰でも理解しやすいように情報を提供し,それらをまとめる人
情報整理と情報設計
目的に合わせて最適な形に情報をデザインするために,見た目のデザインやWebサイトのトーンなどのデザインディレクションにも影響する場合が多々ある。
インフォメーションアーキテクトに必要なスキル
インフォメーションアーキテクトのコアスキル
  1. モックアップなどデザイン実行力とデザインマネージメント力
  2. リーダーシップとプロジェクトマネジメント力
  3. ユーザー調査の計画とその調査結果の分析力
  4. 顧客とのコミュニケーション能力と調整力
情報アーキテクチャの成果物
主な成果物
  1. ペルソナとユーザーシナリオ
  2. ユーザーニーズ/ユーザビリティ調査の計画
  3. ユーザーニーズ/ユーザビリティ調査の分析レポート
  4. 競合分析調査
  5. コンセプトモデルとハイレベルサイトマップ
  6. コンテンツのマッピング(コンテンツマトリックス)
  7. 詳細サイトマップ
  8. ユーザーのフローチャート
  9. ワイヤーフレームとコンテンツ仕様書
  10. 詳細画面デザイン(スクリーンレイアウト)
チームメンバーやクライアントとWebサイトの目的やゴールを容易に共有できるようにダイアグラムなどの視覚的な成果物をより多く制作するように心がけよう。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webサイトの企画・設計|制作仕様書


制作仕様書とは
明確な仕様を決めることで,言った・言わない,仕様の範囲と範囲外といったコミュニケーションのズレを無くすことができる。
制作仕様書に盛り込む項目
コーディングガイドラインは,なるべく誤解を生まないような表現で細かく指定する必要がある。
テクニカルディレクターがいるプロジェクトの場合,それらの実装の手段についてもあらかじめ指定しておくことがある。
制作仕様書をまとめる際の注意事項
画面遷移の多いリッチコンテンツでは,軽微な仕様変更が工数の増加につながり,深刻なデスマーチとなりうる。
制作仕様書のバージョン管理とファイル形式
制作仕様書のファイルは日付と連番をタイムスタンプとしてファイル名にした形でのバージョン管理がよく行われる。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webサイトの企画・設計|サイト設計書


サイト設計書とは
サイト設計書は,Webサイトの企画側と制作側の理解をすり合わせるためにも使われる。
サイト設計書の項目
サイト設計書は,さまざまな角度からの分析や考慮すべき点を1つの文書に落とし込んだものという見方もできる。
サイト設計書のフォーマット
サイト設計書は紙面とデジタルデータのいずれかで提供される。
現状ではフォーマットは,現場ごとに異なっている。
サイト設計書の記述範囲
ウォーターフォール型の制作プロセスでは,設計→制作→検査という順番で制作プロセスが進むが,アジャイル型の制作プロセスでは,設計・テストと実装,改善を繰り返す。またアジャイル型のプロセスを持った制作スタイルの場合,その都度仕様が変化するため,サイト設計書には,最重要項目であるWebサイトの目的とそれを達成するために必要な効果,方向性のみが記述される。
リニューアル時のサイト設計書
リニューアル時のサイト設計書には,既存のディレクトリ構造をベースに,再構築することになる。
具体的な作業の進め方として,既存の書類に赤字もしくは太字で追加分や改良点を記述し,消去分は網点で記載されるなど,誰が見てもわかりやすいように配慮する。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webサイトの企画・設計|サイト設計の概論


サイト設計とは
設計時における具体的な項目に,目標達成のためにはどのようなコンテンツが必要で,それをどのような人に伝えるか。目的を達成するにはどのような効果をあげればよいのか。そのためにはどのようなシステムが必要なのか。どのような構造にしておく必要があるのかといった項目があげられる。
コンテンツごとの提供方法や意図についても設計時に決めておく必要がある。
企画・調査情報から設計に落とし込む
求められる効果をあげるために,どのようなユーザーがそのWebサイトを利用するのかという部分についても想定しておく必要がある。
設計段階で決めたことの変更は後々のフェーズでの手戻りや非効率さにつながり,納期や品質に影響を及ぼすことになる。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webサイトの企画・設計|サイトの狙いとゴールの設定


Webサイトの狙いとは何か
目的として一般的なのは,企業やサービスの知名度の向上,実店舗への誘導や資料請求,商品に関するサポート,顧客や会員応募者の増加などである。
Webサイトのゴール設定
ある程度の最終ゴールを踏まえた上でのWebサイトの設計であり,そのためのフェーズ1を作るということであり,短期的なゴールをいくつか設定することで,何が達成されればよいのか,どこまで制作すればよいのかが見えてくる。

Webサイトの成功の種類

  • サイト全体のゴール
  • 各コーナーいおける短期的,中期的なゴール
  • ユーザー側のゴールとユーザー視点の運営側のゴール
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webサイトの企画・設計|現状分析[2]


具体的なユーザーマインドの想定
Webサイトの評価の一手法である,ウォークスルー評価とは,ユーザーの来訪動機やマインドを想定した上で,調査者がWebサイトを実際に回遊して問題点を洗い出す手法である。
ウォークスルー評価を成功させる秘訣は,実際の訪問者のプロフィール,状況,目的などをできるだけ具体的に設定して評価することである。
想定するユーザーの詳細な特性を回遊してみることが,支持を受けやすいサイト作りに欠かせない。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Webサイトの企画・設計|現状分析[1]


Webサイトの評価・分析はプロジェクトの起点
比較サイトの選び方は,直接競合する他社のWebサイト,競合しないが参考にすべきWebサイト(ベンチマーキングサイト)のいずれのケースもあり,一般的評価で満足しない。
具体的な改善策を提示し,どうすれば優位に立つことができるかという具現化へ向けてのヒントが得られるかどうかが重要である。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

集客施策|SEMと検索連動型広告


SEOとともに運用したい検索連動型広告
広告主は広告を表示したいキーワードを登録して,各々のキーワードに1クリックあたりの広告費用(入札単価),キーワードを含む広告のクリエイティブ リンク先のWebページを設定する必要がある。
同一キーワードに複数企業が入札した場合,入札金額の高い企業の広告が優先で掲載される。
コンバージョンCPAなど具体的な数値目標を決めて運用する必要が大事である。
SEOと検索連動型広告は別物
検索連動型広告はキーワードを設定して広告予算さえあれば,ほぼ確実に広告掲載が可能な一方,SEOは検索順位を最終決定するのが検索アルゴリズムであるため,確実性はない。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集客施策|SEOと検索エンジン対策


SEOのしくみと検索エンジン対策
ロボット型検索エンジンのアルゴリズムはコンテンツにマッチしたタイトルやタグ,見出しタグ,強調タグなどのキーワードの有無や本文中に出現する各単語の回数や密接度,Webページ間におけるリンクの数や品質,関連性など150以上の項目を元に総合的に判断・決定している。
ユーザーではなくロボット型検索エンジンを意識して,適切に情報が伝わるように配慮することがSEOの基幹を支えることにつながる。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集客施策|キーワードマーケティング


ユーザーの「気持ち」を基準にターゲティングする
検索サービスは「消費者の意思」に即した精緻なターゲティングを実現する。
全てのキーワードに,ユーザーの意思あり
ユーザーは検索しようと思ったとき,その瞬間でほしいと思った情報を得るのに適切であろう関連した言葉を想起して,キーワードとして利用している。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
ラベル:Web検定
posted by Web検定 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集客施策|生活者のネット行動と消費マインド[2]


インターネットのユーザー分類
ターゲットとなるユーザーをその属性で分類して捉える手法を「ターゲティングセグメンテーション」と呼び,「ネット行動」「価値観」「世代」などで分類できる。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
ラベル:Web検定
posted by Web検定 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集客施策|生活者のネット行動と消費マインド[1]


生活者のネットにおける行動実態
インターネットの利用目的を見ると,Webサイトからやブログからの情報収集,メール,ネットショッピング,オンラインバンキングなどが上位を占めている。
CGMというWebサイト形態が浸透したことにより,情報発信者は企業とは限らなくなった。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロジェクトマネジメント|コミュニケーションマネジメント


コミュニケーションの基本
情報を伝達する相手がスタッフであろうとクライアントであろうと,相手の知識レベルに合わせた用語を用いて,誰に対しても明確な指標を持って伝えること。
コミュニケーションマネジメントのプロセス
PDCAサイクルと整合性のあるコミュニケーション活動を進めていく。
  • コミュニケーション計画
    過去のプリジェクトでの成功・失敗体験などを参考に,誰が・いつ・どのような情報を必要としているかといったニーズを特定して,情報の形式,配布方法,時期,担当者などを事前に検討し,計画する。
  • 情報の配布
    書面・口頭,電子メールなどの手段に拘らず,受け取る側が正しく確実に理解できるよう配慮して伝達を行う。
  • 実績報告
    スケジュールの進捗状況やコスト,品質に関しての情報などを収集・整理い,クライアントに提出するための報告書としてまとめる。
ステークホルダーのマネジメント
マネジメントを行うプロデューサーやディレクターはステークホルダーとの適切なコミュニケーションの実現に向けて常にプロセスの監視を行い,情報の伝達漏れや認識の違いにより発生する問題解決に努める。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロジェクトマネジメント|制作ワークフロー


戦略フェーズ
プロジェクト計画書にまとめる−プロジェクトの目標,スコープ,成果物について,実現の有無を明確にしておく。
設計・開発フェーズ
戦略フェーズで決定したプロジェクト計画や戦略立案,分析・調査結果を基に,実際のWebサイト制作やシステム開発に求められる要件を整理してWebサイトの全体像を具現化するための要件定義・基本設計を行う。
テスト・移行フェーズ
商用サイト公開前のフェーズであるため,何が問題なのか,原因は何なのかを特定し,バグに関するレポートを共有することが大切である。
運用・保守フェーズ
Webサイトリリース後の更新作業やユーザーに対するサポート,システムの監視などの運用・保守作業を適切に行いつつ,効果検証やプロモーション展開を行い,さらなる向上を目指す。
  • 運用体制
    「誰が運用・更新を行うか」という運用体制を明確にする。
  • 運用方法
    「どのように運用していくか」という運用方法を明確にする。
  • 運用ルール
    「何に基づいて運用していくか」という運用ルールを明確にする。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロジェクトマネジメント|スタッフの役割と管理


プロジェクトメンバーの役割
マネジメント
アカウント業務と呼ばれる,コンペ参加や受注業務,プロジェクト全体の予算とスケジュール管理そしてメンバーの調達など−プロジェクト全体を統括すること
ディレクション
中心業務は制作業務全体を統括すること−コンセプト立案や情報設計,クリエイティブなど制作の基本方針の決定,各メンバーへの支持と進行管理,素材調達,成果物の品質管理が含まれる。
分析/調査
戦略立案の指標となる「定量分析」「定性分析」を基にコンサルティングを行う。
コンテンツ開発
コンテンツの企画立案−原稿作成や取材・撮影・翻訳手配など
デザイン開発
ビジュアル表現全般に関わるアートディレクションユーザーインターフェースやカラースキームの設計,画像素材の作成など,HTMLマークアップやFlashコンテンツ制作なども含まれる。
システム開発
Webサイトのシステム要件に応じたシステムの設計・プログラムの開発,サーバーやネットワーク環境の構築など−システム開発・管理を行う。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロジェクトマネジメント|予算(コスト)の設定と管理


予算設定の流れ
スコープ定義
予算設定の際「どの範囲までの作業をするのか」を明確化すること。
資源(リソース)計画
スコープ定義で明確化した必要なリソース変動費固定費などを管理すること。
コスト積算
一般的にWEBサイトにおけるコスト積算方式は「経験的算定方式」「見積算定方式」である。

Webサイトの制作における予算設定の流れ

  • Webサイト制作以外の費用
    1. 必要経費の洗い出し
    2. 必要経費設定
    3. 項目別単価決定
    4. その他想定経費
  • Webサイト制作費用
    1. プロジェクト想定予算
    2. WBS:作業分割構成の設定
    3. タスク別必要工数算定
    4. 作業員の単価決定
    5. 開発費用算出[3]x[4]
    6. 予定予算
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロジェクトマネジメント|Web業界の構造


Web業界分野
ドットコム企業とは−インターネット上でのビジネス専業の企業を指す。
Webサイト制作関連企業
Webサイトの受託制作を行う企業は,Web制作専門企業のほか,広告やコンサルティング系など多岐にわたる。
プロジェクトの現状
Web2.0といったユーザー参加型Webサイト等−新しい潮流があり,に対して何をどのように伝えるのかがプロジェクトにおいて重要事項となる。
Webサイト制作企業のゴールとは
Webサイト制作企業のコアコンピタンスとは−AjaxをはじめとするWebに関する新手法の専門知識,Web制作に関する独自のノウハウなど。
Webサイトの制作における下請構造について
メッシュ化と呼ばれる,多数のクライアントとの薄く広い多面的な取引へと進んでいる。

キーワード

LPO
着地ページ最適化
Webサイト訪問者が最初に訪れるWebページを改善する手法のこと。離脱率を低く抑え,コンバージョン率を向上させることが目的。
Web検定−対策の処方箋つづきは…
posted by Web検定 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Web検定認定 Webアソシエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。